カナダ・ドル(CAD)の外貨両替レート

カナダ・ドル ⇔ 日本 円の外貨両替 レート(店頭レート・宅配レート)をご覧いただけます。外国為替市場のカナダ・ドル / 円のレートとチャートをリアルタイム表示。また、紙幣画像などのカナダ・ドルの基本情報やコラム記事も掲載しています。

店頭外貨両替レート

通貨記号外貨から日本円へ 日本円から外貨へ
カナダ・ドルCAD86.0496.45

カナダ・ドル ⇒ 日本 円 にご両替の場合

両替レート:1CAD = 86.04

100 CAD = 8,604.00
1,000 CAD = 86,040.00
10,000 CAD = 860,400.00

日本 円 ⇒ カナダ・ドル にご両替の場合

両替レート:1CAD = 96.45

100 CAD = 9,645.00
1,000 CAD = 96,450.00
10,000 CAD = 964,500.00

宅配外貨両替レート

通貨記号外貨から日本円へ 日本円から外貨へ
カナダ・ドルCAD------

カナダ・ドル ⇒ 日本 円 にご両替の場合

両替レート:1CAD = 円

100 CAD = 円
1,000 CAD = 円
10,000 CAD = 円

日本 円 ⇒ カナダ・ドル にご両替の場合

両替レート:1CAD = 円

100 CAD = 円
1,000 CAD = 円
10,000 CAD = 円

LIVE 為替レート

為替レートの見方

上記グラフは、銀行間取引市場(インーバンク市場)のカナダドル・日本円(CAD/JPY)の直近1年間の日足チャートです。

価格が大きい=CADが高い=日本円が安い ⇒ 円安・カナダドル高

外貨から円に変えるとお得!

価格が小さい=CADが安い=日本円が高い ⇒ 円高・カナダドル安

円から外貨に変えるとお得

ご注意下さい

為替レートは、銀行間取引市場であるため、実際の外貨両替のレートとは異なります。外貨両替をする際のご参考にしてください。

買取可能なカナダ・ドル(CAD)紙幣

一般事情

面積1,106平方キロメートル(東京都の約半分)
人口約3,789万人(2020年1月カナダ統計局推計)
民族オタワ
言語英語、フランス語が公用語
宗教国民の3分の2以上(67.3%)がキリスト教徒(国民の約39%がローマ・カトリック)、約2割(23.9%)が無宗教(2011年カナダ統計局)
国祭日7月1日 Canada Day(建国記念日)
略史1867年:英領北アメリカ法によりカナダ連邦結成(自治が認められたが、外交権及び憲法改廃権は英国に帰属)
1928年:日本と外交関係樹立
1931年:ウェストミンスター憲章により実質的に独立
1982年:「1982年カナダ憲法」により、英国から憲法改廃権を完全移管

政治体制・内政

政体立憲君主制(イギリス型議院内閣制と連邦主義に立脚)
元首エリザベス二世女王(但し、総督が女王の代行を務める。現総督は、ジュリー・ペイエット総督)
議会二院制(上院105名、下院338名)

(1)上院

ア 首相の助言により総督が任命(75歳定年制)
イ 政党別議員数(2020年3月時点、定員105名)

議長:ジョージ・フューリ(ニューファンドランド・ラブラドール州出身)

無所属上院議員連盟:44
保守党:20
カナダ上院議員連盟:13
進歩上院連盟:11
無所属:6
空席:11

(2)下院

ア 小選挙区制(任期:最長5年)
イ 勢力分野(2020年4月時点、定員338名)

議長:アンソニー・ロタ(オンタリオ州出身、自由党)

自由党:155(下院議長を含む。)
保守党:121
ブロック・ケベコワ:32
新民主党:24
緑の党:3
無所属:3
空席:0
政府首相:ジャスティン・トルドー
外相:マーク・ガルノー
内政(1)2019年10月の下院総選挙の結果、与党自由党は議席を減らし、過半数(170議席)を割り込んだものの、比較第一党の地位を確保し、11月20日に第二次トルドー内閣が成立。第一次政権で外相を務めたフリーランド氏は副首相兼州政府間関係相となり、外相には第一次政権で国際貿易大臣であったシャンパーニュ氏が就任した。
(2)第二次トルドー政権では、首相を除く閣僚36名のうち女性が18名と半数を占めており、女性の社会進出を支援する現政権の姿勢が色濃く反映されている。
(3)政権としての最優先事項は、1気候変動、2中間層支援の強化、3先住民との和解、4国民の安全と健康、5不安定な国際社会におけるカナダの成功の5課題。

外交・国防

(1)カナダは伝統的に米国を最も緊密な同盟国と位置付け、対米関係を最重要視。更に国連、NATO、G7、WTO、米州機構(OAS)等の多国間の枠組みを活用した多国間外交を展開。
(2)また、近年では、インド太平洋地域への関与を強めている。2019年4月の安倍総理訪加の際には、「自由で開かれたインド太平洋」のビジョンの下、日加が戦略的パートナーシップを強化することで一致し、北朝鮮船舶の「瀬取り」を含む違法な海上活動に対する警戒監視活動のための艦船の派遣を2年延長することを発表した。
(3)一方、中国との関係では、2018年末に発生したファーウェイ社CFO(最高財務責任者)の拘束とその後に発生したカナダ人2名の拘束が進展を見ず、引き続きカナダにとって課題となっている。

国防

(1)予算:189億加ドル(2016-2017年度予算。2026-27年度までに327億加ドルまで増額の予定。)
(2)兵役:なし
(3)兵力:約66,600人(陸軍:約23,000人、海軍:約8,300人、空軍:約12,000人、その他:23,300人、このほか予備役約27,000人)(ミリタリーバランス2019)

経済

(1)カナダ経済は米国経済及び油価に大きな影響を受ける。2017年は好調な米国経済に牽引され、実質GDP成長率は3.2%となったが、不透明な国際経済情勢の影響もあり、2018年は2.0%、2019年は1.6%となった。

(2)2019年11月に発足した第二期トルドー政権は、中間層に対する経済政策、気候変動に配慮したエネルギー開発、米国やアジア太平洋地域との連携強化等の課題に取り組む。

(3)2020年3月、カナダ銀行(中央銀行)は、新型コロナウイルスによる景気の停滞に対応するため、4年8カ月ぶりとなる利下げを行った(2020年3月27日政策金利は、0.25%)。また、2020年3月、カナダ政府は、新型コロナウイルス感染症に対応するための財政金融政策を打ち出している。

主要産業金融・保険・不動産などのサービス業、製造業、建設業、鉱業、農林業
(カナダ統計局)
名目GDP1兆7,133億米ドル(2018年、World Bank)
一人当たり
名目GDP
44,940米ドル(2018年、World Bank)
実質GDP
成長率
1.7%(2019年、カナダ統計局)
消費者
物価上昇率
1.9%(2019年、カナダ統計局)
失業率5.7%(2019年、カナダ統計局)
主要貿易
品目
(1)輸出:エネルギー製品、自動車及び同部品、一般機械、金属及び非金属鉱物、電気機器
(2)輸入:自動車及び同部品、一般機械、電気機器、エネルギー製品、プラスチック製品等
(2019年、カナダ統計局)
主要貿易相手国(1)輸出:米国、EU、中国、メキシコ、日本
(2)輸入:米国、EU、中国、メキシコ、日本
(2019年、カナダ統計局)
通貨カナダ・ドル
為替レート1加ドル=83円(2020年1月中適用、日本銀行)

カナダ・ドル(CAD)基本情報

1858年にカナダは、取引額の多い米国の10進法通貨であるドルに合わせるため、カナダポンドからカナダドルへの切り替えを行った。

地理的に近い米国との取引が大きいため、米ドルとの実需取引が多く、米ドル相関性が高い通貨である。
また、世界第2の国土を有し、全世界の埋蔵量の15%を占める原油やその他の鉱物など資源に恵まれているため、原油価格にカナダドルが連動するなど資源国通貨とされている。

同じ資源国通貨である豪ドルに比べて金利が低く安定感があるため、FXでは、あまり激しく動かず、比較的落ち着いた通貨とされている。

GDPも高く、財政も安定しているので安定的な通貨として、リスクオフの場合に人気が上がる。

米ドルはカナダでそのまま使用できるが(お釣りはカナダドルで戻る)、逆にアメリカではカナダドル紙幣や硬貨は受け取りを拒否されるので、カナダドルは旅行中に使い切る方が良い。

2018年3月に流通開始した10ドル紙幣には、アフリカ系女性活動家の肖像が採用されている。

1カナダドル=およそ82.82円(2020年2月現在)

外貨情報

通貨名カナダドル
英語表記Canadian Dollar
通貨コードCAD
使用国・地域
(法定通貨)
カナダ
使用国・地域
(非公式)
サンピエール島
ミクロン島
通貨単位記号カナダドル:C$
セント:¢
通貨補助単位1カナダドル = 100セント
硬貨の種類5セント
10セント
25セント
50セント
1ドル
2ドル
紙幣の種類5ドル
10ドル
20ドル
50ドル
100ドル
高額紙幣の
使いやすさ
最高額の100ドル紙幣はあまり流通していない。
米国と同様、タクシーや観光地で飲み物を買う程度しか現金を使用する機会がないので、20ドル以下の通貨を準備しておくほうが良い。
現金の使用頻度カナダはほとんどの支払いをクレジットカードで済ますことができる。
空港の売店でミネラルウオーター1本買うのも問題ない。
クレジットカードはVISAとMasterとアメックスが主流で,JCBは使用できるところが限定される。
現地通貨なしでも旅行可能である。
現地での
両替のしやすさ
成田、関空、セントレアなどの日本の主要国際空港内では、日本円からカナダドルへの交換は可能だが、レートはあまり良くない。
カナダ国内の大都市では、日本円も含めて両替が可能であるが、心配であれば、バンクーバー、カルガリー、トロントなど日本からの直行便が到着する空港で両替するのが良い。
市中の銀行は営業時間に注意すること。
土日も開店している両替所は大きな駅やバスターミナルにある。
地理的に近い西カナダの方が東カナダより日本円のレートが良い。
偽造紙幣対策2000年代に偽造紙幣が相次いで発見されたことから、2011年から2013年に「フロンティアシリーズ」と呼ばれる新紙幣の発行を開始した。
新紙幣は、オーストラリアドルのようにポリマー素材(プラスチック)でできている。
透かしの部分にメープルリーフと透明な窓があり、光線によってメープルリーフには額面の数字が浮かぶ構造になっている。
紙幣はすべて同じ大きさであるが、色が異なるため区別がしやすい。
左上に視覚障碍者用に点字が施されてる。

カナダ・ドル(CAD)に関連するコラム

tel.  03-5318-9877

受付:11:00 - 19:00 ※ 定休日を除く