オーストラリアドルとは?

オーストラリアドル(AUD)は、オーストラリアの主要通貨です。

その価値は、オーストラリアの商品価格と、外国為替取引に左右されます。FX取引に興味がある方は、豪ドルについてもう少し詳しく知りたいと思うかもしれません。

商品市況は豪ドルの強さに影響する

商品価格は、オーストラリアドルの価値を大きく左右する要因です。

通貨の価値に影響を与え、交易条件を決定するのに役立ちます。また、経済にも影響があります。

その一例が、石炭の価格である。オーストラリアにとって石炭は主要な輸出品です。

石炭の価格は過去3年間で40%以上下落しました。このことは、政府の歳入に政府の歳入に影響を与えます。

もう一つの例は、消費者物価指数である。

10月には年率6.9%まで上昇しました。

消費者物価指数は、健全な経済の唯一の指標ではありませんが、国の相対的なパフォーマンスを測定するために使用することができる指標である。

強い通貨は経済を助けることができますが、逆に経済を悪くすることもあります。

例えば、教育や観光関連企業の収益性を悪化させる可能性があります。

また、通貨高はその国の商品輸出の価値を低下させる可能性があります。

同様に、通貨安は逆の効果になることもあります。

もう一つの要因は、商品需要です。

中国の製造業輸出ブームの結果、天然資源に対する需要が急増しました。

このような需要は、世界経済が健全であることを示すものです。

これらの製品に対する需要は、世界経済が健全なものであることの証です。

しかし、それが今後10年間でどの程度変化するかを予測するのは難しい。

商品価格は6月上旬から上昇傾向にあったが、反落している。

しかし、それで終わりではない。中国の商品需要が減少するというアナリストもいる。

商品価格の経済効果に加え、オーストラリアドル(AUD)は金融引き締め政策への期待から金融引き締め政策への賭けも、オーストラリアドルドルを押し上げる要因となっている。また、金融引き締めへの期待も、地場銀行の株価を押し上げる要因となっています。

オーストラリア経済はサービス業に依存している

オーストラリアの経済は、大きく分けて2つの要素で成り立っています。農業と天然資源への依存度が高く、サービス業が盛んである。

サービス部門は国民所得の70%以上を占めています。

しかし、製造業はここ数十年低迷しており、大きな経常赤字の原因となっています。

オーストラリア経済は、他国の経済成長の影響を受けてきました。

特に日本と中国はその成長に寄与してきました。

さらに、オーストラリアは輸出国であるため、一次産品価格の変動に非常に脆弱です。

その結果、1910 年代後半から 1920 年代前半、そして 1990 年代初頭に一連の金融危機を経験した。

この20年間、オーストラリア経済は急速な拡大を遂げてきました。この背景には、労働者と資本双方の効率性の向上と、商品輸出の重視があります。

これは、労働者と資本の効率が向上したことと、商品の輸出に重点を置いたことによる。にもかかわらず、賃金は近年低迷している。

オーストラリア経済は、長い間、経済発展の歴史を歩んできました。

1920年代や1950年代のような高いGDP成長期もあれば、1980年代や1990年代の不況も経験しています。

また、これらの時期には、様々な政府の介入が行われてきた。

オーストラリア経済は、金融、テクノロジー、保険の分野で国際的な競争力を持っています。

また、アジア太平洋地域で最も裕福な国の一つでもあります。

比較的自由な経済システムを持ち、競争的な企業文化を持っている。

Woolworths Group、CSL、NABなど、一部のオーストラリア企業は外資系企業である

1990年代の不況期には、失業率が10%近くまで上昇しました。

しかし、雇用は平均を上回る水準で推移しています。

サービス税は着実に引き下げられ、特に履物への課税が強化されました。

長年にわたり、オーストラリアは低いインフレ率を維持してきた。

しかし、オーストラリア経済はCOVID-19金融危機に対処しなければならなかった。

FX取引で人気のAUD/USD

オーストラリアドル/米ドル(AUD/USD)通貨ペアは、市場で人気のある外国為替ペアの1つです。

また、非常に流動性の高い通貨であるため、スリッページや取引コストが少なくなります。

AUD/USDは、金利、商品価格、中国の地政学的要因に影響されます。

特に米ドルは大きな変動要因になることがあります。

したがって、今後の経済指標に注目することが賢明です。

例えば、米連邦準備制度理事会(FRB)は年に8回、金利計算書を発表している。

多くの場合、この金利計算書にはFRBの金融政策の見通しが示されています。

金融政策の見通しを明らかにするものです。

また、オーストラリア経済はコモディティへの依存度が高い。

これは、オーストラリアがアジアに近接しているためアジアに近く、貿易に最適な立地であるためです。

実際、オーストラリアと中国の経済は密接に関係しています。

オーストラリアは、2005年に発効した米国自由貿易協定(FTA)に加盟しています。

GDPは世界第14位。その規模にもかかわらず、オーストラリアドル(AUD)は非常に強い通貨です。

サービス税

オーストラリアのサービス税は、消費に関連する商品やサービスを提供する場合に課せられる税金です。
課税される商品およびサービスは、レストラン、旅行、娯楽施設などです。この税金は、個人と企業両方に課せられています。

現在、オーストラリアのサービス税は10%として課税されています。この税金は、サービスを提供する側が請求する人から受け取らなければなりません。一方で、他の国と同様に、サービス税の金額は国によって異なります。たとえば、ニュージーランドでサービス税を課税している場合、15%のサービス税が実施されています。

また、オーストラリアでは、サービス税の税金納付を補助するための法的枠組みが整っています。オーストラリア税務庁(ATO)が設定したこの規則により、サービス提供者は支払いの50%を押収し、残りの50%を納付する必要があります。サービス税の免税額と税負担を軽減することもできます。

店頭外貨両替レート

更新日時:2024-02-24 16:30

買取価格 販売価格
USD USD 米ドル 147.00 150.00
EUR EUR ユーロ 158.50 163.00
CNY CNY 人民元 19.24 21.34
KRW KRW 大韓民国・ウォン 0.1074 0.1165
GBP GBP イギリス・ポンド 183.00 195.50
AUD AUD オーストラリア・ドル 94.00 99.00
TWD TWD 台湾・ドル 4.52 4.88
HKD HKD 香港・ドル 18.27 19.81
THB THB タイ・バーツ 3.98 4.27sold out
CAD CAD カナダ・ドル 106.50 112.00
PHP PHP フィリピン・ペソ 2.56 2.74
SGD SGD シンガポール・ドル 106.00 112.50
tel.  03-5318-9877

受付:11:00 - 19:00 ※ 定休日を除く

営業日カレンダー