外貨両替の『現金屋』 - Money Exchange GENKINYA
  • English (United States)
  • 日本語
Menu

COLUMN大番頭コラム

モルディブ ローカル島編

モルディブ ローカル島編

モルディブへGTフィッシングへ出かけた時のお話しです。このあとリゾートにも行くのですがそれは続編で(モルディブ リゾート編)

モルディブはイスラム教の国で法律でお酒が飲めません。許可をもらったリゾートホテルやマザーボート以外での飲酒は禁止されています。空港のあるフルレ島のホテルはOKで初日の夜はここに宿泊してリゾート島に行くまでの4日間の禁酒に備えお酒を飲みました(笑)

翌日、GTフィッシングのためチャーターしたスピードボートがホテルの船着場まで迎えに来て出発です。途中釣りをやりながら移動すること4時間あまり今回の宿泊するローカル島周辺にたどり着きました。17時まで釣りをしてローカル島に上陸、道は未舗装で砂とサンゴが混ざったような道路になってました。道は女性達がホウキで掃除してとても綺麗でした。ホテル?というか民宿ですね。ここに3日間滞在です。この民宿、料金は別で食事も提供してくれます。初日はチキンカレーを頼みましたが、とても美味しかったですね。しかし全てカレー味です。チャーハンもパスタもサンドイッチも….このあとの3日間はこのローテンションでしっかり味に飽きてしまいました。
エアコンも夜10:00過ぎてやっと効く感じで、室内は暑かったです。シャワーも基本水シャワーなのですが水の出はあまりよくなかったですね(笑)釣りして寝るだけなので特に気にはならなかったです。

釣りはというと4日間で2人でGT(「ジャイアントトレバリー」和名「浪人鯵」)40キャッチくらいと沢山釣れました。サイズは25kgを筆頭にあとは10Kgちょいのサイズが多数でした。
バラフエダイやイソマグロなどの外道も沢山釣れましたよ。
イルカの群れに遭遇したり、カジキマグロが泳いでいたり、かわいいウミガメが近くを泳いだりとモルディブの自然を満喫しました。

モルディブでの支払いは現地通貨のモルディブルフィアだがアメリカドル(USD)も流通してるので、日本で用意して持っていくのはドルでいいでしょう。ちなみに私はローカル島ではアメリカドル(USD)現金、リゾート島での支払いはアメリカドル(USD)又はクレジットカードでおこないました。
必要ならアメリカドル(USD)からモルディブルフィアに両替したらいいかもしれません。(日本円からでもできるようですが)

ローカル島で宿泊した民宿でのチップは食事代金などと一緒に最終日に精算したので1$札は必要ありませんでした。ベットメイクなども民宿オーナーが自分でしているようでした。
4日目朝、チェックアウトして釣りをしながら、初日のフルレ島のホテルへ移動しました。やっとお酒が飲めます!
翌日、チェックアウトをしてリゾートホテルに向かいます!
リゾート島、そこは天国でした!

(モルディブ リゾート島編に続く)

お問い合わせCONTACT

お電話でお問い合わせ

TEL. 03-5318-9877

受付時間: AM 10:00 ~ PM 7:00(定休日を除く)


メールでお問い合わせ

お問い合わせはこちら

初心者のための外貨両替

現金屋コラムCOLUMN

現金屋コラム一覧はこちら

お知らせNEWS

お知らせ一覧はこちら

© Genkinya