外貨両替の『現金屋』 - Money Exchange GENKINYA
  • English (United States)
  • 日本語
Menu

COLUMN大番頭コラム

外貨両替の都市伝説

外貨両替の業界に身を置く筆者は、都市伝説のように語られているある事がとても気になっています。

そのある事とは?

「高額紙幣が使えない。」

確かに日本でも100円のジュースを買うのに1万円札を出されると、お店によっては困惑するのは事実です。
しかし、日本で考えればわかりますが、1000円の買い物をした際に、1万円札が出されても普通です。

それでは、なぜ海外では、「高額紙幣が使えない。」という話が多いのでしょうか??

それは、単なる商店の怠慢で「高額紙幣が使えない」と言われているだけなのです。

要は、釣り銭を用意していないという、ただそれだけのことです。

基本的には、どの国でも法定通貨である自国の通貨で支払いがされた場合には拒否できません。
これは、どの国でも若干の違いはあるにしても、法律的には受け取りを拒否できないことになっています。

例えば、日本の例ですが、
法定通貨の支払いを拒否できる場合は、1種類のコインが20枚を超える場合は拒否できるとされています。
しかし、それに該当しない場合は拒否できません。
合計のコインの枚数が20枚ではありません。
1種類のコインの枚数が20枚です。

例えば、
1円x20枚
5円x20枚
10円x20枚
50円x20枚
100円x20枚
500円x20枚
合計13,320円 120枚
の支払いがあった場合は、日本では受け取りの拒否はできないということです。

支払い金額と支払い紙幣の金額との関係がありますが、
常識の範囲であれば、ちょっとだけ心を強くもって、
普通に高額紙幣を使えばよいのです。

ちなみに、私は、高額紙幣で受け取りを拒否された経験は何度かあります。
概ね発展途上国で、現地通貨にもかかわらず拒否された経験がほとんどです。
アメリカやヨーロッパでの経験はありません。

釣り銭を十分に用意して商売をやっていない発展途上国ではよくあることです。

本当は釣り銭をもっているが、小額の紙幣で支払いをしてほしいということがほとんどです。
この様な状況に遭遇すると、必ず次のように言うことにしています。

「この紙幣を受け取るか?それとも、無料で良いのか?どちらかにして下さい。」

これを言うと、必ず、釣り銭を出してきます。

本当に釣り銭を用意していない場合は、隣のお店などを回って、釣り銭を出せるように用意してくれます。
基本的には商売をしていて、商品を売りたいのですから。

以上、ご参考になれば幸いです。

お問い合わせCONTACT

お電話でお問い合わせ

TEL. 03-5318-9877

受付時間: AM 10:00 ~ PM 7:00(定休日を除く)


メールでお問い合わせ

お問い合わせはこちら

初心者のための外貨両替

現金屋コラムCOLUMN

現金屋コラム一覧はこちら

お知らせNEWS

お知らせ一覧はこちら

© Genkinya