外貨両替の『現金屋』 - Money Exchange GENKINYA
  • English (United States)
  • 日本語
Menu

For BEGINNER初心者のための外貨両替

【第2回】外貨両替の手数料はどのくらいかかるの?

外貨を両替する場合、両替手数料がかかります。銀行や空港の外貨両替所など、場所によって手数料は様々です。

できるだけ損をせず、むしろおトクな条件で海外へいきたいのに、円安などで日本円が弱い時期に外貨へ両替をする場合、レートで損をしてしまうのみではなく、さらに外貨両替手数料まで取られてしまうと、とても損をした気分になってしまうと思います。

そもそも外貨両替の手数料とは何なのか?外貨両替の手数料はどのようにして決まってくるのか?
しっかりとした知識を持って『損をしない』外貨両替をしましょう。

従価方式

外貨両替金額の何%という形式で徴収されます。
両替金額が大きくなればなるほど両替手数料が高くなっていきますが、小額両替の場合は若干有利な方式と言えるでしょう。

従量方式

「一度の外貨両替につき◯◯円」というような、定額制の両替方式です。
両替手数料は両替所によって様々ですが、両替金額が大きい場合、こちらの形式で運営している両替所の方が大きなメリットとなります。

外貨両替手数料でできるだけ損をしないために

外貨への両替の際に手数料で損をしないようにするためには、上記『従価方式』と『従量方式』の特性を理解し、外貨両替金額の大小によって使い分けることが大切です。

国内の両替所の話になってしまいますが、両替手数料が最も高いのは銀行です。その次に、郵便局、空港内の外貨両替所、両替専門店・・・のように続くのが一般的です。
銀行で外貨両替をして手数料を多く取られてしまうよりも、出発前にキチンと計画を立て、当店のような両替所に足を運んでみてはいかがでしょうか?

© Genkinya